ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 社会福祉課 > 手話言語及び障害者コミュニケーション条例を制定しました!

手話言語及び障害者コミュニケーション条例を制定しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月23日更新

 令和2年3月定例会において「田村市手話言語及び障害者コミュニケーション条例」が可決成立し、4月1日から施行されます。

 <目的>

手話が言語であることを理解し、障害の特性に応じた多様なコミュニケーション手段の利用を促進し、障害の有無によって分け隔てられることなく、障害のある人もない人も安心して暮らすことのできる地域社会の実現を目的としています。

 

<責務と役割>

 [市の責務]

   手話が言語であることの理解の増進及び障害の特性に応じた多様なコミュニケーション手段の利用の促進に関する施策を推進する。

 [市民の役割]

   手話が言語であることを理解し、障害の特性に応じた多様なコミュニケーション手段の利用の促進のための市の施策に協力するよう努める。

 [事業者の役割]

   市の施策に協力するよう努めるとともに、障害のある人が障害の特性に応じた多様なコミュニケーション手段を利用するための合理的な配慮を行うよう努める。

 <条例全文>

○田村市手話言語及び障害者コミュニケーション条例 [PDFファイル/129KB]

記念撮影

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)