ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

緊急通報システム

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月1日更新

緊急通報システム

ひとり暮らしの高齢者等の自宅に、急病や災害等万一の場合に備え、ボタンを押せば緊急連絡ができる通報装置を設置します。

対象となる方

1.おおむね65歳以上のひとり暮らしの高齢者
2.寝たきり高齢者を抱える高齢者のみの世帯
3.ひとり暮らしの重度身体障害者

サービス内容

1.週1回、市の委託を受けた業者から、安否確認の電話(お元気コール)があります。
2.家庭内での急病や事故等万一の場合に備え、ボタンを押すことで緊急連絡ができる、通報装置を貸与します。
3.市の委託業者は、緊急連絡があった場合、その状況によって救急車や協力員の出勤等を要請します。

利用の方法

 介護福祉課または各行政局市民課に利用の申請をしてください。
 ※ 申請は1回で、継続します。

利用料

・前年度分の生活中心者の所得税額に応じた額が、自己負担となり毎年見直されます。たとえば所得税が非課税世帯は無料となります。
所得税額が10,000円以下の場合は、年額16,300円となります。
・利用料は、月割り・日割りで算定し、委託業者に直接支払っていただきます。

問い合わせ

介護福祉課または行政局市民課

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。