ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鍾乳洞の科学

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月4日更新

鍾乳洞の図鍾乳洞の図

鍾乳洞は自然の造形

鍾乳洞ができる条件のひとつは、地表に近いところに石灰岩層があり、そこに割れ目や断層が生じていることです。
石灰岩は雨水に溶けやすいという性質を持っています。地表から浸透した雨水は少しずつ石灰岩を溶かし、長い時間をかけて鍾乳洞を作り上げるのです。
また、あぶくま洞の中にある「クリスマスツリー」や「石化の樹林」と名付けられた石筍・石柱は、水に溶けた石灰岩の沈殿物からできています。それらは、ゆっくりですが、今もなお成長し続けているのです。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。