ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 夏の時差出勤「ゆう活(夏の生活スタイル変革)」を実施します

夏の時差出勤「ゆう活(夏の生活スタイル変革)」を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月4日更新

夏の時差出勤 「ゆう活(夏の生活スタイル変革)」を実施します

働き方改革等を踏まえ、職員一人一人が業務にしっかり取り組んでいくためには、長時間労働の是正と健康管理、業務の見直しと効率化、家族サービスなど、職務と生活のバランスを再確認し、より一層の市民サービスの維持・向上を図ることが重要です。
そのため、職場環境を整備する目的で、夏の時差出勤「ゆう活(夏の生活スタイル変革)」を実施します。
市民のみなさまには、ご理解とご協力をいただきますよう、お願いいたします。

「朝の時差出勤」とは?

日照時間が長い夏に、勤務時間の「前倒し」を行うことによって、時間を有効に活用するという取組みです。

実施期間

平成30年7月1日から9月30日まで

実施内容

夏の時差出勤「ゆう活(夏の生活スタイル変革)」を実施する職員の勤務時間を以下のとおり変更し、原則定時退庁します。
通常勤務時間時差出勤時間
午前8時30分から午後5時15分 午前7時30分から午後4時15分 
午前8時から午後4時45分
※ 開庁時間はこれまでと変わらず、8時30分から午後5時15分までです。

対象職員

基本、全職員を対象とします。ただし、以下の職員は原則として対象外です。
窓口業務に従事する職員、保育所などの現業職員、臨時・非常勤職員は勤務の特性上、対象から除きます。
 ※このほか、各所属の判断により、対象外とすることもあります。