ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公共下水道の供用開始(下水道利用の手引き)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月9日更新

供用開始

下水道が整備されると、下水道を使用できる区域(処理区域)と、使用することができる日(供用開始日)が公示されます。
この供用開始の公示がなされると、処理区域内の建物の所有者は下水道の使用が義務づけられます。
また、処理区域内に建物を新築・増築する場合には水洗便所(下水道に連結されたものに限る)でないと建築確認が受けられません。

平成16年度以降、順次供用開始区域を拡大し、最終的には計画面積である929ha、13,850人が下水道を使用できるよう整備を進めていきます。

排水設備の設置

供用が開始された区域内においては遅滞なく、排水設備を設置することが義務づけられております。
また、処理区域内の汲み取り便所については3年以内に水洗便所へ改造しなければなりません。

排水設備の配置

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。