ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

排水設備工事について(下水道利用の手引き)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年2月28日更新

排水設備工事は指定工事店

公共下水道に下水を流すには、各家庭で排水設備を作らなければなりません。
この排水設備は、各家庭の宅地内に排水管や汚水ますなどを設置し、台所・洗濯・風呂や水洗トイレから出る汚水を早くに公共下水道に流す役割を果たしています。
排水設備の新設、増設または改築工事は、必ず「指定工事店」へ申し込んでください。指定工事店は、基準にあった排水設備を作るために必要な技術を持ち、安心して工事を任せることができるように市が指定した業者です。
指定工事店は、工事の他に市に対して行う申請書の作成や手続き(排水設備等確認申請書、排水設備等工事完了届など)を皆さんに代わって行うようになります。 
指定工事店一覧

排水設備の計画・工事の実施

排水設備工事を行う場合、あらかじめ市に排水設備等確認申請書及び排水設備工事設計書を提出し、設置すべき排水設備が、法令の規定及び、設計基準に適合しているかどうかの審査を受けることになります。
以上の手続きや、審査が終わってから工事を始めることになり、その工事が完了した際には、指定工事店立ち会いのもと市職員が検査を行います。万一、検査に不合格の場合は指定工事店に手直しを命じ再検査を行います。
検査の結果、排水設備の設置及び構造について法令の規定に適合していると認めた際には、検査済証を交付します。排水設備設置建物の柱など見やすい場所に掲示してください。

工事の流れ図

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。