ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市奨学金制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月4日更新

手続概要

奨学生の選考と貸付事務

    経済的理由により修学困難な高校、短期大学(専門学校を含みます)、大学生を対象に、市では毎年奨学生を選考 し、無利子で奨学資金の貸し付けを行っています。

【奨学生の資格】

  • 申請時に保護者が市内に引き続き1年以上住所を有している人 
  • 経済的理由により修学が困難と認められる人
  • 品行が正しく、学術に優れ、身体が強健である人
  • 国・県・他の団体から同種の資金の貸与または給与を受けていない人
  • 市奨学金の貸与を過去に受けたことがない人

【貸付金額】

高等学校

  • 自宅通学(月額)      15,000円以内
  • 自宅外通学(月額)   30,000円以内

専修及び各種学校、高等専門学校及び短期大学

  • 自宅通学(月額)      20,000円以内
  • 自宅外通学(月額)   40,000円以内
  • 一時金           300,000円以内 

大学

  • 自宅通学(月額)       30,000円以内
  • 自宅外通学(月額)    50,000円以内
  • 一時金                   600,000円以内

奨学生の決定

 奨学生選考委員会で、奨学生とその貸付金額を決定します。

貸付金の返還

 学校卒業の月の3カ月後から返還開始。

申込期限

 平成29年3月24日(金)

手続様式

 奨学生願書、奨学生推薦調書、健康診断書、合格通知書の写し等、連帯保証人の所得証明書及び納税証明書
 ※ 願書等は教育委員会教育総務課、各公民館及び各中学校でお渡しします。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。