ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 学ぶ > 歴史・文化 > 埋蔵文化財の手続きについて

埋蔵文化財の手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月14日更新

埋蔵文化財とは

 埋蔵文化財とは、「遺物(土器や石器等)」、「遺構(住居跡等」などが地中に埋まってしまったものを指し、こうした遺物、遺構を包蔵している区域を「遺跡」といいます。

埋蔵文化財の確認方法

 田村市には、外見ですぐわかる館跡などを含め、688ヵ所以上の遺跡があります。これらの遺跡の所在は、平成26年発行の『田村市遺跡地図』で確認することができます(田村市教育委員会生涯学習課窓口で閲覧可)。また、遺跡として地図に登録されていない場合でも、未だ発見されていない遺跡である可能性もあります。遺跡の所在確認は、生涯学習課窓口またはFAXでお問い合わせください。なお照会には現地の位置がわかる地図を添付してください。

埋蔵文化財照会書式 [Wordファイル/16KB]

工事の届出

 遺跡内で、建築・土木工事を行おうとする場合には、「埋蔵文化財発掘の届出」を提出していただきます。この届出は発掘調査の要、不要に関らず、工事に着手する60日前までに田村市教育委員会を経て福島県教育委員会に届け出る必要があります。

 埋蔵文化財発掘の届出様式は、生涯学習課窓口またはHP内の申請書ダウンロードから取得できます。記載の仕方などの詳細については生涯学習課まで直接お問合せください。

開発計画から発掘調査までの流れ

開発計画から発掘調査までの流れ図

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。