ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市の民俗芸能等一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月14日更新

田村市指定無形民俗文化財

※奉納期日は変更になる場合があります

指定無形民俗文化財一覧
番号民俗芸能等の名称奉納期日及び場所所在地
1田子屋の三匹獅子舞11月3日 田子屋稲荷神社大越町下大越字宮山
2入三洞の三匹獅子舞11月3日 入ノ作稲荷神社大越町下大越字入ノ作
3牧野の神楽獅子舞5月5日 牧野見渡神社  10月中旬 牧野見渡神社大越町牧野字堀ノ内
4栗出の神楽獅子舞

4月中旬 栗出見渡神社 旧暦8月15日に近い日曜日 栗出八坂日枝神社  11月3日 栗出見渡神社

大越町栗出字宮ノ下 外
5栗出の三匹獅子舞4月中旬 栗出見渡神社 旧暦8月15日に近い日曜日 栗出八坂日枝神社    11月3日 栗出見渡神社大越町栗出字宮ノ下 外
6戸ノ内の神楽獅子舞旧暦8月15日 戸ノ内八幡神社 1月1日 戸ノ内八幡神社大越町下大越字戸ノ内
7岩井沢の三匹獅子舞10月最終日曜日 岩井沢天日鷲神社 都路町岩井沢字平内地
8山根の太々神楽4月29日 鎌倉公園  10月下旬 山根天日鷲神社常葉町山根字宮ノ前 外
9子松の三匹獅子舞4月中旬 秋葉神社 10月中旬 子松神社常葉町常葉字中町
10大鏑矢神社の夫婦獅子舞12月31日から1月1日 大鏑矢神社  1月3日 各氏子宅など船引町東部台 外
11石森の三匹獅子舞11月3日 石森鹿島神社船引町石森字屋戸
12石沢の三匹獅子舞11月3日 石沢 鹿島、熊野神社船引町石沢字東宮久保
13光大寺の三匹獅子舞4月8日に近い日曜日 光大寺東方薬師堂   旧暦8月8日に近い日曜日 光大寺東方薬師堂船引町芦沢字光大寺
14大倉の太々神楽11月第1土曜日 大倉神社船引町大倉字上台
15芦沢の八ツ頭獅子舞4月第3日曜日 芦沢白山ヒメ神社   11月3日 芦沢白山ヒメ神社 船引町芦沢字上屋形
16畑中の大神楽1月1日 菅谷神社

滝根町菅谷字畑中

※「大鏑矢神社の夫婦獅子舞」、「石森の三匹獅子舞」、「石沢の三匹獅子舞」、「光大寺の三匹獅子舞」、「大倉の太々神楽」、「芦沢の八ツ頭獅子舞」、「畑中の大神楽」、「遠山沢の三匹獅子舞」、「戸ノ内の神楽獅子舞」、「荒和田の三匹獅子舞」、「牧野の神楽獅子舞」、「今泉の三匹獅子舞」については映像で記録しています。田村市図書館で貸し出ししています。ぜひご利用ください

田子屋(たごや)の三匹獅子舞

田子屋の写真

【継承団体名】
田子屋三匹獅子舞保存会

【由来等】
文政4(1821)年に大旱魃と悪疫が流行し、それを追い払うために獅子頭が作られたことに由来します

【内容】
田子屋稲荷神社の秋季例大祭で奉納されている三匹獅子舞です。太郎獅子、次郎獅子、女獅子が、「道よけ」から「下道よけ」までの計13種目を行います

【所用時間】
約30分

入三洞(いりさんどう)の三匹獅子舞

入三洞の写真

【継承団体名】
入三洞三匹獅子舞保存会

【由来等】
古い獅子頭を収納する木櫃に、「享保元丙甲九月」の墨書銘があることから、享保元(1716)年にはすでに行われていたものと推測されます

【内容】
入ノ作稲荷神社の秋季例大祭で奉納されている三匹獅子舞です。太郎獅子、次郎獅子、女獅子が、「登り道よけ」から「下り道よけ」までの計11種目を行います

【所用時間】
約30分

牧野(まぎの)の神楽獅子舞

牧野の神楽獅子舞

【継承団体名】
牧野神楽保存会

【由来等】
音曲に使われている太鼓の胴内に、安永3(1774)年の銘があることから、それ以前に行われていたものと推測されます

【内容】
牧野見渡神社の春・秋季例大祭で奉納されている神楽獅子舞です。神楽(長)獅子舞は、神楽の最初に演じられ、「寄せ太鼓・寄せ笛」、「幕切り」、「歌切り」、「御幣の舞」、「狂いの舞」、「火吹男の舞」の演目があります

【所用時間】
約10分

栗出(くりで)の神楽獅子舞

栗出の神楽獅子舞

【継承団体名】
栗出民俗芸能保存会

【由来等】
明和3(1766)年銘の獅子頭があることから、それ以前に行われていたものと推測されます

【内容】
栗出見渡神社の春・秋季例大祭、栗出八坂日枝神社の祭礼で奉納されている神楽獅子舞です。神楽(長)獅子舞は、神楽の最初に演じられ、「寄せ太鼓・寄せ笛」、「幕切り」、「歌切り」、「御幣の舞」、「狂いの舞」、「火吹男の舞」の演目があります

【所用時間】
約10分

栗出(くりで)の三匹獅子舞

栗出三匹の写真

【継承団体名】
栗出民俗芸能保存会   ※後継者不足のため、平成26年から奉納舞は休止しています

【由来等】
由来や伝承を裏付ける資料はありませんが、地元の人々によって大切に守り伝えられています

【内容】
栗出見渡神社の春・秋季例大祭、栗出八坂日枝神社の祭礼で奉納されている三匹獅子舞です。「道置」から「祈裡」まで計11種目を行います

【所用時間】
約30分

戸ノ内(とのうち)の神楽獅子舞

戸ノ内

【継承団体名】
戸ノ内神楽保存会

【由来等】
大太鼓・小太鼓の胴内に、宝暦8(1758)年の銘があることから、それ以前に行われていたと推測されます

【内容】
戸ノ内八幡神社で旧暦8月15日・1月1日に奉納されている神楽獅子舞です。「四方固め」、「幣の舞」、「鈴の舞」、「狂いの舞」の4種目を行います

【所用時間】
約10分

岩井沢(いわいさわ)の三匹獅子舞

iwaisawa

【継承団体名】
岩井沢三匹獅子舞保存会  ※平成28年9月から活動を再開しました

【由来等】
太鼓に明和3(1766)年の銘があることから、それ以前に行われていたものと推測されます

【内容】
岩井沢天日鷲神社の秋季例大祭で奉納されている三匹獅子舞です。太郎獅子、次郎獅子、花子獅子が「宮まわり」から「みやしがえり」までの計8種目を行います

【所用時間】
約40分

山根(やまね)の太々神楽

yamane

【継承団体名】
山根楽人会

【由来等】
由来等は不明ですが、江戸時代から行われていたものは廃絶してしまい、明治15(1882)年に御神楽会を結成し、近郷より習い受けたものが現在伝承されています

【内容】
山根天日鷲神社の春・秋季例大祭で奉納されている太々神楽です。小神楽8座と、大神楽13座があり、このうち3から5座を選んで奉納します

【所用時間】
1座約20分

子松(こまつ)の三匹獅子舞

子松の三匹獅子舞

【継承団体名】
子松三匹獅子舞保存会

【由来等】
由緒のある子松神社には多種の神事芸能が受け継がれ、三匹獅子舞もそのうちのひとつで、明徳3(1392)年の由来と伝わっています

【内容】
常葉秋葉神社の春季例大祭、常葉子松神社の秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です。一時休止していましたが、平成22年の子松神社秋季例大祭から活動を復活しています。

【所用時間】
約25分

大鏑矢(おおかぶらや)神社の夫婦獅子舞

夫婦獅子舞の写真

【継承団体名】
大鏑矢神社夫婦獅子舞保存会

【由来等】
社伝によれば、大同2(807)年に2つの獅子頭が天下ったことに由来するとされています

【内容】
大鏑矢神社境内で大晦日から元日にかけ、また1月3日には氏子宅などで行われます。舞は「平舞」、「本舞」、「大本舞」の3種があり、大拍子とすりがねの囃子、かけ声に合わせ、2つの獅子が頭を小刻みにふりながら、仲睦まじく舞います

【所用時間】
15分から30分

石森(いしもり)の三匹獅子舞

石森の三匹獅子舞

【継承団体名】
石森三匹獅子舞保存会

【由来等】
文化年間(1810年頃)に再興され、二本松市岩代との関連が言い伝えられています

【内容】
石森鹿島神社の秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です。舞庭に、長さ3メートルほどの笹竹に幣束を下げた大笠を立て、その前で「お庭廻りの舞」など計10種目を行います

【所用時間】
約60分

石沢(いしざわ)の三匹獅子舞

石沢(いしざわ)の三匹獅子舞の写真

【継承団体名】
石沢三匹獅子舞保存会

【由来等】
由来等は不明ですが、二本松市岩代との関連が言い伝えられています

【内容】
石沢鹿島・熊野神社の秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です。「通りの舞」から「しまいの舞」まで計6種目を行います

【所用時間】
約30分

光大寺(こうだいじ)の三匹獅子舞

光大寺(こうだいじ)の三匹獅子舞の写真

【継承団体名】
光大寺三匹獅子舞保存会

【由来等】
獅子頭を収納する蓋裏に、寛政4(1792)年に中興をしたことを示す墨書があることから、それ以前に行われていたものと推測されます

【内容】
芦沢光大寺東方薬師堂の春・秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です。「やぶわけ」から「八方とび」まで計8種目を行います。舞場の四隅で、ささらをすり続ける様は、古風な姿をよく残すものです

【所用時間】
約40分

大倉(おおくら)の太々神楽

大倉(おおくら)の太々神楽の写真

【継承団体名】
大倉太々神楽保存会

【由来等】
明治初期、田村地方で神楽の師匠として活躍した國分大隅(大倉神社神官)から習い受けた大隅流神楽です

【内容】
大倉神社秋季例大祭で奉納される神楽です。素面で舞う小神楽、面を用いて舞う大神楽の合わせて36座が伝えられています

【所用時間】
1座約30分

芦沢(あしざわ)の八ツ頭獅子舞

芦沢(あしざわ)の八つ頭獅子舞の写真

【継承団体名】
芦沢八ツ頭獅子舞保存会

【由来等】
由来等は不明ですが、一社に8組(屋形、中、本郷、柏原、南、鞍掛、山田、横土の8地区で獅子神楽を伝える)も奉納することは珍しいといえます

【内容】
芦沢白山ヒメ神社の春・秋季例大祭で奉納される獅子神楽です。各組とも「幕舞」から「狂い」までの計4種目を行います

【所用時間】
1組約30分

畑中(はたけなか)の大神楽

畑中(はたけなか)の大神楽の写真

【継承団体名】
畑中太々神楽保存会

【由来等】
畑中神楽とも呼ばれる獅子神楽で、天保期(1830から1843)の大飢饉の際、神社に奉納したのが始まりとされ、記録では天保12(1841)年まで遡れます

【内容】
獅子舞は寄せ大鼓・寄せ笛から始まり、三方固め、歌切り、御幣の舞、狂いの舞などの演目があります

【所用時間】
約20分

その他の田村市所在の無形民俗文化財(未指定分)

堀越(ほりこし)の太々神楽

堀越の太々神楽

【所在】船引町堀越字明神前

【祭礼等】堀越明石神社の春・秋季例大祭、元日祭で奉納される神楽です

遠山沢(とおやまざわ)の三匹獅子舞

遠山沢の三匹獅子舞の写真

【所在】船引町遠山沢字日向

【祭礼等】遠山沢羽黒神社の秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です

荒和田(あらわだ)の三匹獅子舞

荒和田の写真

【所在】船引町荒和田字二ツ宮

【祭礼等】荒和田聖観音堂の春季例大祭、三渡神社の秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です

※後継者不足のため、平成27年から奉納舞は休止しています

今泉(いまいずみ)の三匹獅子舞

 今泉の三匹獅子舞

【所在】船引町今泉字砂田

【祭礼等】今泉愛宕神社の春季例大祭、今泉神社の秋季例大祭で奉納される三匹獅子舞です

新舘(にいたて)の太々神楽

新舘の太々神楽

【所在】船引町新舘字軽井沢

【祭礼等】新舘神社の秋季例大祭で奉納される神楽です。櫓を組んで舞台を作るところに古風な姿がうかがえます

三輪(みわ)神社の三匹獅子舞

三輪神社の三匹獅子舞の写真

【所在】船引町笹山字日向

【祭礼等】笹山三輪神社に継承されている三匹獅子舞です

※平成23年から保存会が休会しています

板橋(いたはし)の太々神楽

板橋の太々神楽の写真

【所在】船引町船引字中ノ内

【祭礼等】船引御霊神社、冨士神社の春季例大祭で奉納される神楽です

門鹿(かどしか)の太々神楽

門鹿の太々神楽

【所在】船引町門鹿字宮林

【祭礼等】門鹿王子神社の春・秋季例大祭で奉納される神楽です

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。