ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

少年の主張大会

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月20日更新

第40回少年の主張福島県大会

吉田実来さん(滝根中3年)「優秀賞」受賞

福島県青少年育成県民会議(会長:内堀福島県知事)主催による「第40回少年の主張福島県大会」が、9月20日(木曜日)、白河文化交流館コミネスで開催されました。

田村市から、吉田実来さん(滝根中3年)が出場し、優秀賞を受賞しました。(優秀賞は、最優秀賞に次ぐ賞となります。)
吉田さんは、県内中学生13,824人(181校)の応募があった中から発表者(16名)に選出され、県大会に出場しました。
少年の主張県大会

田村市少年の主張大会

明日へきらめく 言葉のチカラ

田村市青少年健全育成市民会議(会長:本田市長)主催による「田村市少年の主張大会」が、8月5日(日曜日)、田村市文化センターで開催されました。

地区大会または各学校から選出された小学生6名、中学生6名の代表が、社会に向けた意見や未来への希望、
家庭・学校・地域活動などで心に思い描いていることを、観客の前で堂々と発表しました。

小学生の部では、「応援は人を想う気持ちから」と題して発表した 吉 田 遥 菜 (船引南小6年)が、
中学生の部では、「だから私たちは生きている」と題して発表した 吉 田 実 来 (滝根中3年)が最優秀賞に選ばれました。

なお、大会の結果は、次のとおりです。

小学生の部 (優秀賞・優良賞は、発表順)

○最優秀賞… 吉田遥菜(船引南小6年)

○優  秀  賞… 早川幸那(関本小6年)、渡邉樺夏(滝根小6年

○優  良  賞… 吉田好花(都路小6年)、渡邉海星(芦沢小6年)、柳沼和樹(大越小6年) 

中学生の部 (優秀賞・優良賞は、発表順)

○最優秀賞… 吉田実来(滝根中3年)

○優  秀  賞… 大越麻央(船引南中3年)、新田遼(大越中3年)

○優  良  賞… 加藤稜大(都路中3年)、伊藤結子(常葉中3年)、齊藤日和(船引中3年)

少年の主張

中学生の部 最優秀賞作品

だから私たちは生きている  滝根中学校三年 吉田 実来吉田さん

これは昨年この世を去った日野原重明氏の言葉です。日野原医師は生前、聖路加国際病院の名誉院長を務めていました。一九九五年に起こった、オウム真理教による「地下鉄サリン事件」の際には、率先して患者を受け入れ、多くの命を救いました。

「人が命の尽きるその瞬間まで、『生きている』という幸せや充実感を感じながら過ごすことができたら、どれだけ素晴らしいことだろう。私も人の『生きる希望』を支える助けになりたい。」日野原医師の言葉を聞いたとき、そう思いました。

私は幼い頃、頻繁にぜんそくや肺炎になり、入院生活を繰り返していました。院内がとても静かで、「早く病院から出て行きたい。」「友達に会いたい。」そう思いながら、窓から病院の外の景色を見ていたあの夜。呼吸困難で「本当に治るのだろうか。」と希望を失いかけたあの夜。辛く苦しいあの日々のことを今でも鮮明に覚えています。ただ時計の秒針の音と点滴が一定のリズムで落ちる光景、それが入院していた時の『私の世界』でした。

そんな私を支えてくれたのが、家族やお見舞いに来てくれた人たちの笑顔、同室で親しくなった患者さんとの会話、そして何よりも主治医の先生や看護師さんがかけてくれた優しい言葉でした。「たくさんの人が支えてくれることで、私は生きることができている。」幼いながらもそう感じた経験でした。

学校で配付された「医療体験セミナー」に初めて参加したのは、中学一年生の時でした。様々な職種の医療関係者に話を聞くことができ、どの方も「治療を終えて、笑顔が戻った患者さんたちを見たときが、一番うれしく、この仕事のやりがいを感じる瞬間です。」とおっしゃっていたのが印象に残りました。また、内視鏡手術に使用する機器の操作体験や人体模型を使用しての血液採取体験、手術の縫合体験など、実践的な技術を体験することができました。想像していたよりもずっと難しく、患者を治療する緊張感や人の命を扱うことの怖さを実感しました。私が肺炎で入院した時に、主治医の先生や看護師さんたちが一生懸命治療したり、優しい言葉をかけてくれたりしたことを思い出し、素晴らしい技術や、細心の注意力、細やかな気遣いに支えられていたことに気づくことができました。この医療体験セミナーに参加して、私も漠然と医療従事者を目指したいと思い始めました。と同時に、「命を扱う仕事なのだから、絶対に失敗してはいけない。」「そんな責任の重い仕事を私に出来るのだろうか。」そんな不安が頭をよぎりました。

雪が舞い、寒さ厳しい冬のある日ことでした。学校からの帰り道、線路の中にゆっくりと動く黒い影を見つけました。

「あれは何だろう…。まさか人ではないだろう。」

そう思いながらも、その黒い影の方に向かって私の足は動き始めました。近づいていくと黒い影の姿がはっきりしてきました。なんと線路の中で人が自転車の下敷きになり、身動きが取れない状態になっていたのです。すぐに救出できたのですが、「あのまま電車が来てしまったら…」「私が人影に気づかなかったら…」そう思うと今でもぞっとします。

そんな血の気が引くような経験でしたが、あの日を境に私には大きな目標ができました。「緊急事態がいつ発生するのかはわからない。だからこそ医療の世界で、わたしも人の命を支えたい。」

人と人は助け合っているから、生きている。私はそう考えます。誰かが誰かのことを見守るように、最後の瞬間まで。私たち一人ひとりは命尽きるときまで、希望を持って生きる権利があるのです。今まさにこの瞬間も、どこかで助けを必要としている人がいるかもしれません。まずはわたしから。誰かの支えになる一歩を踏み出します。

小学生の部 最優秀賞作品

応援は人を想う気持ちから  船引南小学校六年 吉田 遥菜  吉田さん

一年前の運動会の係決めの時、私は一番自信のなかった応援団になった。それまでの応援団は元気があって、みんなを盛り上げられてとってもかっこよかった。だけど、それが自分にできるかを想像してみてそれは絶対にできないと思った。たくさんの人の前で大きな声を出さなければならないからだ。決まったからにはもうやるしかないと言い聞かせた。けど、やっぱり心のどこかに不安もあって、とても誰かを応援できるような気持ちではなかった。応援団は休み時間に練習を行う。私は重い気持ちのまま練習に向かった。練習では、やっぱり大きな声が出なかった。「元気よく、大きな声で」わかっていたけれど、私にとってそれは簡単なことではなかった。でもそんな時、ふととなりを見ると、ある友達が私のとなりでいっしょに練習していたのだ。びっくりして練習が終わったあと、

「なんで応援団じゃないのにいっしょに練習していたの。」

と、聞いてみた。すると、友達はこう答えた。「はるなちゃん、がんばってたでしょ。だから私も応援したくなっちゃった。」

もう涙が出るくらいうれしかった。応援団の私が、一番友達に応援してもらっていたのだ。応援されると、うれしいし、気持ちが強くなる。はずかしい、緊張するという気持ちよりも、「友達ががんばってほしいと思っているなら、がんばらなくちゃ、期待に応えたい。」と思うようになった。友達の応援が私に力をくれた。それからは、応援団に対しての私の考えも変わった。「私の応援で、がんばっている人を勇気づけたい。」と。

今年もまた運動会の係決めの日がやってきた。私はもちろん応援団に立候補した。そして副団長として運動会を盛り上げることができたのだった。友達はどんな時もいっしょにいてくれる。うれしい時も悲しい時も。いろんなことに気づかせてくれるのだ。私を応援してくれる友達がいる。そう信じて準備や練習に励んだ。その結果、今年の運動会を盛り上げることができたのだろう。一年前の友達の応援から、私の運命は本当にがらりと変わった。

 私はこの体験から、応援することの本当の意味を考えるようになった。相手の心に伝わる応援、心にひびく一言ってどんなものなのか。振り返ってみると、私はいろんな場合でたくさんの人から応援してもらっている。週末のバスケットボールの試合でも、私は友達や家族からたくさん応援してもらっている。負けてくやしくて泣いていた時、お母さんの明るい「ドンマイ」という言葉に何度も励まされた。「大丈夫、大丈夫だよ。」みんなが支えてくれている。がんばる私の姿を見てくれている人達は、みんな私を応援してくれた。「見ていてくれてありがとう。「気づいてくれてありがとう。」という気持ちになる。

きっと誰かを応援する時、ただ大きな声を出すだけじゃ足りないのだ。がんばっている姿を見たり、悩みや落ち込んでいることに気付いたりして、本当に「がんばれ」って相手を思う気持ちがわく。その気持ちが相手に伝わるから、相手はうれしいのだ。

今度は私が友達の力になる。友達がやってくれたことを私も友達に返したい。友達が困っているとき、がんばっているとき、私のように勇気をもってほしい。でもどうしたら友達の力になれるのだろう。友達に聞いてみた。そうしたら意外な言葉が返ってきた。

「遥菜ちゃんは、そのままでいいよ。いつも私にやさしくしてくれる。」

「いろんなことに気づいてくれてありがとう。」と言った。「気づいてくれてありがとう。」私と一緒だ。私の気持ちは伝わっているのだ。     

私はこれからも友達を大切にしようと思った。そのために、これからも友達が悩んでいたら気づいてあげられるようにしたい。友達のがんばりを見逃さないようにしたい。当たり前のことかもしれないけど、大好きな友達を大切にすること。友達のことをよく知ること。これからも、友達のちょっとした変化を感じとれる、そんな自分でありたい。

きっとそこから私の応援は始まる。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。