ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 年金・保険・税金 > 国民健康保険 > 医療費の一部負担金免除期間延長のお知らせ

医療費の一部負担金免除期間延長のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月20日更新

 田村市国民健康保険、後期高齢者医療保険に加入されている方で、下記に該当する方の医療機関等での窓口負担の免除が延長になりました。
 ただし、上位所得層世帯※1で、旧緊急時避難準備区域の方は免除対象外に、旧警戒区域の方は、平成27年10月以降は対象外となります。
 また、入院時食費療養費・入院時生活療養費の自己負担分及び柔道整復師(接骨院等)・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の施術費、治療用装具費(補装具)の自己負担額は該当になりません。

◎国民健康保険の場合の有効期限

区域別平成29年3月1日発行分
※平成27年中の所得判定により
平成29年8月1日発行予定分
※平成28年中の所得による再判定後
旧警戒区域
(20km圏内)

平成29年3月1日から29年7月31日
(上位所得層は除く)

平成29年8月1日から30年2月28日
(上位所得層は除く)
旧緊急時避難準備区域等
(20kmから30km圏内)

平成29年3月1日から29年7月31日
(上位所得層は除く)

平成29年8月1日から30年2月28日
(上位所得層は除く)

◎後期高齢医療保険の場合の有効期限
 平成29年3月1日から平成30年2月28日で発行しておりますが、前年所得が確定する7月に所得判定を行い、上位所得層世帯に該当した場合は免除対象外となります。対象外になった方には通知を差し上げますので、免除証明書の返却をお願いします。

※1…世帯の国保加入者全員または、世帯の後期高齢医療保険加入全員の前年中(7月までは平成27年中の所得、8月以降は平成28年中の所得)の総所得金額等が600万円を超える世帯または、未申告世帯

■免除を受けることができる対象者
 原発事故による旧警戒区域、旧緊急時避難準備区域の方。
■免除証明書について
 平成29年8月1日以降、国保加入者の方は有効期間欄に「平成29年8月1日から平成30年2月28日まで」、後期高齢者医療保険加入の方は「平成29年3月1日から平成30年2月28日まで」と表示されている免除証明書の提示が必要となります。
 7月に、免除の対象となる方に証明書を送付する予定ですので、医療機関で受診される場合は必ず、被保険者証と一緒にお持ちください。          
■社会保険等に加入されている方
 事業所の社会保険等に加入され、引き続き窓口負担が免除される方は、免除証明書の更新が必要となります。
 免除証明書等についてご不明な点があれば、ご加入の医療保険の保険者またはお勤めの事業所へ直接お問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。