ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 市民課 > 令和元年台風第19号により被災した方の医療機関の受診について(国民健康保険、後期高齢者医療保険)

令和元年台風第19号により被災した方の医療機関の受診について(国民健康保険、後期高齢者医療保険)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月31日更新

 医療機関の受診について(国民健康保険、後期高齢者医療保険)

令和元年台風第19号により被災され、保険証等を紛失した場合は、住所、氏名、生年月日、連絡先を申し出ることにより医療機関等を受診することができます。

 

医療機関等での窓口支払いについて

次のいずれかに該当する方は、医療機関等での窓口でその旨を申告いただくことで医療保険の窓口負担について支払いが不要となります。ただし、入院等による食費などはお支払いいただく必要があります。

(1)住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をされた方

※り災証明書の提示は必要ありませんので窓口で口頭で申告してください。

(2)主たる生計維持者が死亡しまたは重篤な傷病を負った方

(3)主たる生計維持者の行方が不明である方

(4)主たる生計維持者が業務を廃止、または休止した方

(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

 

取り扱いの期間等

令和2年1月末までの診療、調剤及び訪問看護分

 

詳細は厚生労働省リーフレットをご覧ください。

厚生労働省のリーフレット(令和元年10月21日) [PDFファイル/557KB] 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)