ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本人確認

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月22日更新

 婚姻届などの戸籍届出・転出届などの住民異動届・戸籍謄(抄)本及び住民票などの証明書を請求するときに、窓口へ来られた方の本人確認を行っています。
 本人確認書類は次のとおりとなっておりますので、お持ちの上、窓口へおいでください。
 ただし、印鑑証明については印鑑登録証(カード)をお持ちいただくだけで結構です。
 みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

次の書類(写真貼付)のうち1枚あれば本人確認ができます。

  1. 運転免許証
  2. 旅券(パスポート)
  3. 外国人登録証明書
  4. 住民基本台帳カード(写真付き)
  5. 公務員の身分証明書(写真付き)
  6. 身体障害者手帳
  7. 療育手帳
  8. マイナンバーカード(個人番号カード)
  9. その他(官公省発行の写真付き免許証等)

次の書類のうち2枚あれば本人確認ができます。

  1. 国民健康保険、健康保険の被保険者証、共済組合員証
  2. 介護保険、後期高齢者医療の被保険者証
  3. 高齢受給者証
  4. 各種医療受給者証(重度医療費など)
  5. 年金証書、年金手帳、恩給証書
  6. 児童・特別児童扶養手当証書
  7. 生活保護受給証明書
  8. 住民基本台帳カード(写真なし)
  9. 印鑑登録証明書
  10. 納税通知書
  11. その他(官公省発行の免許証等)

※郵便で戸籍謄(抄)本、税証明などの証明書を請求するときは、写真貼付の有無にかかわらず上記の書類のいずれか1枚を同封してください。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。