ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 商工課 > ドローンの取り組みについて

ドローンの取り組みについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月21日更新

慶応義塾大学との連携協力協定

平成28年12月21日に慶応義塾大学SFCとドローン利活用にかかる連携協力協定を締結しました。
田村市と慶応義塾大学が密接に連携し、ドローンを利活用し相互に協力することにより、地域課題に適切に対応し、活力ある地域の形成と実学の促進を実現します。

協定の内容

● 市の地域活性化、地域課題への対応 ● 地域振興にかかる研究・教育活動 ●ドローンに係る人材育成 等

県立船引高等学校でのドローン特別講座

慶應義塾大学との連携協定に基づき、田村市内の県立船引高等学校の希望者を対象に、ドローンの可能性、
安全性等の知識とドローンの操縦技術の習得を目的として開講し、講座ではテーマ毎に、グループに分かれ課題に取り組ました。
今年度は平成30年6月16日に第三期特別講座が開講になりました。

●平成28年12月21日 第一期開講 31名受講 
●平成29年 6月10日 第二期開講 21名受講  各期とも全6回実施

過去のテーマ

1 ドローンを用いた空撮及び映像の編集
   ※イベントでの空撮や映像コンテスト等への出品
2 ドローンによる地域課題の解決
   ※田村市が抱える地域課題とドローンの応用を企画
3 レーシングドローンの操縦と知識の習得
   ※レーシングドローンの操縦技術と機体整備に係る知識等を習得

34

ドローンコンソーシアムたむらの設立

設立の目的

「ドローンコンソーシアムたむら」は、平成30年3月20日に設立し、産学公が連携し、ドローンを活用した地域産業の
創出及び地域経済の活性化を推進し、地域を担う人材の育成を通じて地域振興を図ることを目的に活動いたします。

期待される効果

新産業の創出や新たなビジネス展開、雇用機会の拡大、これらによる交流人口の増大や、ドローン人材育成による
高度人材の輩出が見込まれ、地域内外での活躍、地域経済の活性化に寄与するものと期待されます。
12 
56

会員について

ドローンコンソーシアムたむらでは、コンソーシアムの主旨にご賛同いただける方の入会を募集しております。

お申し込みはこちら:https://tamura-drone.com/members

お問い合わせ

取り組み内容やお問い合わせは下記ホームページをご覧ください。

ドローンコンソーシアムたむらホームページURL:https://tamura-drone.com

〇事務局
ドローンコンソーシアムたむら事務局(NPO法人くらスタ内)
E-mail:info@tamura-drone.com

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。