ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

固定資産税とは

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月1日更新

固定資産(土地、家屋及び償却資産)に対し、その資産価値に課される税金です。

納税義務者

 毎年1月1日現在で市内に固定資産を所有している人が納付します。

納税義務者一覧
固定資産の種類納税義務者
土地土地登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
家屋建物登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人
償却資産償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

税額の算出方法

 固定資産の価格(課税標準額)×税率(1.4%)

価格の決め方

 課税の基礎となる価格は、固定資産評価基準によって価格を決定した後固定資産課税台帳に登録されます。

評価額

 固定資産税の基礎となる価額(評価額)は原則として、土地、家屋は3年に1度、償却資産は毎年、固定資産評価員が適正な時価により評定して台帳に登録します。(次回の土地・家屋の評価替えは平成27年度です。)

免税点

 市内に同一人が所有する固定資産のそれぞれの課税標準額が、次の金額に満たない場合は課税されません。

課税標準額
固定資産の種類課税標準額
土地30万円
家屋20万円
償却資産150万円

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。