ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

動物愛護週間について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月1日更新

9月20日から26日は「動物愛護週間」です

動物は、愛情と責任をもって飼いましょう 

 

犬の適切な飼い方について🐕

(1)生後91日以上の犬は、登録と、年1回の狂犬病予防注射を受けさせ、
  鑑札と注射済票は、犬の首輪等に必ずつけましょう。

(2)飼い犬を迷子にさせないでください!
  リードや首輪の点検を定期的に行い、万が一のために迷子札もつけましょう。

(3)犬の散歩の際は、必ずリードをつけ、フンは持ち帰りましょう

(4)日常のトラブルを防ぐため、正しいしつけをしましょう。

猫の適切な飼い方について🐈

(1)猫は室内で飼いましょう
  交通事故、病気、迷子、近隣へのフン尿の被害を防いだり、
  災害時に同行避難をすることができます。

(2)飼い猫を迷子にさせないように、迷子札をつけましょう。

(3)野良猫に餌を与えている方は、その猫の飼い主として責任が生じます
  猫に不妊去勢手術を受けさせ、フン尿の後始末は飼い主が責任を持って行い、
  まわりに迷惑をかけないようにしましょう。

不幸な子犬や子猫を増やさないために、不妊去勢手術を受けさせましょう

 

ペット用の避難用品(キャリーバッグ、フード、水、トイレ用品など)を平常時から準備しておきましょう。

 

飼い犬・飼い猫が逃げてしまったら、動物愛護センター、市役所、警察等へすぐに連絡をしましょう。

 

新しい飼い主さんを募集しています!

動物愛護センターでは、保護された犬や猫を愛情と責任を持って飼うことができる方へ
譲渡しています。譲渡を希望される方は、動物愛護センターまでご連絡ください。

問い合わせ先

福島県動物愛護センター   ☎024-953-6400

チラシ

 わんちゃん・ねこちゃんを迷子にさせないで ![PDFファイル/303KB]

小さな命を大切に! [PDFファイル/2.39MB]

 

 

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)