ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

飲料水 Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月26日更新

Q.福島原発のトラブルによる放射線の影響が心配です。

環境放射能の人体への影響については、
福島県災害対策本部ホームページ(新ウインドウ表示)にも掲載されていますのでご参照ください。
市民の皆さんが一番不安に思う、環境放射能測定値・水道水に含まれる放射性ヨウ素の田村市内の調査結果については、現在のところ直ちに健康に影響を及ぼすものではありません。

今後も定期的に検査結果を公表します。

Q.水道水は安全ですか。

原子力安全委員会が定めた「飲食物摂取制限に関する指標」を超える放射性物質が含まれている水道水を一時的に摂取した場合であっても、直ちに健康に影響は生じないため、現状では、水道水を飲用していただいても問題ありません。なお、飲用以外の風呂、手洗い、洗濯等生活用水としては、指標値を超えた場合も使用できます。

Q.井戸水は安全ですか?

井戸水は、地表に降った雨が長い時間をかけて地中に浸透したものをくみ上げています。
地中に浸透していく過程で放射性物質を含む塵(ちり)がろ過され、また、日数が経過するうちに放射性物質濃度が自然に減少し、放射性ヨウ素であれば8日間で半分になることから、一般的には、井戸水に含まれる放射性物質は少なく安全であると考えられます。

Q.現在実施している検査は誰が実施しているのですか。

国が実施しています。
県は、モニタリング検査を実施するよう国に要望し、採水地点を選定するために必要な情報を国に提供したり、国から得られた検査結果を市町村水道担当部局へ提供しています。

Q.基準値を超える飲料水を飲んでしまった場合はどうしたらよいでしょうか。

原子力安全委員会が定めた「飲食物接種制限に関する指標」の数値は、長期にわたり摂取し続けた場合の健康影響を考慮して設定したものです。
代わりになる飲料水がない場合は摂取しても差し支えありません。

※「水道水への放射性物質の影響について」
福島県保健福祉部食品生活衛生課作成のものから抜粋

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。