ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

自殺対策事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年5月24日更新

日本では、毎年3万人近くのかたが自らの命を絶っています。
自殺未遂者はその10倍、周囲のかたへの影響はその5から6倍と考えられています。
つまり、日本では毎年10万人以上のかたが自殺による影響を受けていることになり、誰もが出会う可能性のある問題となっています。
かけがえのない大切な心と命のために、私たちにできることを考えてみましょう!

厚生労働省自殺対策のページはこちらをご覧ください。

あなたやあなたの身近な人に、いつもと違う様子はありませんか?

  • 最近眠れない、朝方に目が覚める、寝ても疲れがとれない
  • 原因不明の体調不良が続き、疲れやすい
  • 食欲がなく、体重が落ちてきた
  • 酒の量が増えてきた
  • 感情が不安定になる、イライラする、落ち込む、元気がない
  • 仕事や家事の能力が低下し、ミスが増える
  • 失敗や失望から立ち直れない
  • 周囲との交流を避けるようになる

いつもと違うなと感じたら

【自分でできること】
 誰かに話してみましょう!
 自分では気づかなかった解決策があるかもしれません。
 各専門機関の相談窓口も利用してみましょう。

【身近な人たちができること】
 「どうしたの?」と声をかけてみましょう!
 アドバイスよりも話に耳を傾けることが必要です。自分だけで解決しようとせず、専門機関に相談しましょう。
 焦りは禁物。温かく見守り、回復を支えましょう。

ひとりで悩まず、まずはご相談を!

大切な方を自殺で亡くされたかたへ

遺された人たちの悲しみ、つらさは計りしれません。それは心理面だけでなく、時には生活そのものを揺るがす現実となって遺族を苦しめることがあります。そのうえ、自殺に対する偏見により、その苦しさを口に出すことができずにいる遺族も少なくありません。同じ体験をした人同士、気持ちをありのまま語ることができる「わかちあい」で自分の思いを話してみませんか。
福島 れんげの会のHPへ リンク(新ウインドウ表示)

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。