ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防ごう!フレイル

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月19日更新

『フレイル』をご存知ですか?

「メタボ」から「フレイル」へ

年齢を重ねて心身の活力が低下した状態を『フレイル』といい、日本語に訳すと『虚弱』となります。

病気や転倒などにより、突然介護が必要な状態となることもありますが、介護を必要とする方の多くが、この『フレイル』の時期を経てだんだんと要介護状態になると言われています。

『フレイル』に早く気が付いて!

『フレイル』の時期に早く気付いて生活習慣を見直すことで、もとの生活に戻ることができると言われています。

フレイルイメージ図

『フレイル』は『坂道』

『フレイル』はよく『坂道』に例えられます。
坂道の下まで転がり落ちた大玉を、坂道のてっぺんまで押し上げるのは骨が折れます。
大玉が転がり始めたことに早く気が付けば、押し上げる距離は短くて済みます。

まずは確認!

  • 最近6カ月で、体重が2から3kg減った
  • 握力(筋力)が低下した
  • 最近、わけもなく疲れたような感じがする
  • 歩くのが遅くなった
  • 定期的に運動や体操、外出をしていない

1から2つ当てはまる人は「プレフレイル」、3つ以上当てはまる人は、「フレイル」の疑いがあります。

もっと詳しく

市では、ご自宅でも簡単に体力チェックができるよう、7つの項目をご提案しています。

『おうち・DE・簡単体力チェック』

ご心配な項目、気になる項目がある方には、職員がご自宅までお伺いして握力測定などの体力チェックをいたします。
高齢福祉課☎82-1115までお気軽にお問い合わせ下さい。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。