ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > こども未来課 > 令和3年度田村市ブックセカンド事業について

令和3年度田村市ブックセカンド事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

令和3年度田村市ブックセカンド事業により各施設に絵本が配布されました!

田村市ブックセカンド事業とは?

田村市ブックスタート事業のフォローアップとして4歳児、5歳児の在籍する保育所や幼稚園等に絵本を配布し、絵本と触れ合う機会をつくる事業です。
この事業を実施することで自発的な読書習慣の形成と、子どもの感性や想像力を育成することを目的としています。

絵本を読むことの効果

・心と言葉の発達
・感性や想像力の向上
・コミュニケーション能力の向上

利用方法

各施設に配布された絵本は、子どもや保護者からの希望があれば、貸し出しができます。
子どもが読書習慣を身につけられるよう絵本をたくさん読んであげましょう。
詳細については、下記配布対象施設よりお子様が入所されている施設へお問い合わせください。 

配布対象施設  (9施設)

船引保育所
田村市立都路こども園
田村市大越こども園
田村市立滝根幼稚園
田村市立常葉幼稚園
田村市船引南幼稚園
田村市立芦沢幼稚園
田村市立緑幼稚園
認定こども園わかくさ
※配布される絵本については、各年度4月1日時点の施設の在籍人数に応じて予算配分を決定し、施設が選書した絵本を配布しています。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。