ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・福祉・衛生 > 衛生 > 新型コロナウイルス感染症に関する市長コメント(令和3年1月15日)

新型コロナウイルス感染症に関する市長コメント(令和3年1月15日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年1月15日更新

新型コロナウイルス感染症に関する田村市長コメント(令和3年1月15日) [PDFファイル/80KB]

昨日行われた新型コロナウイルス感染症のPCR検査の結果、市内から新たに4名の感染が確認されました。
1日に複数名、また2日続けての感染確認は、いずれも本市では初めてのことです。
感染が確認された方々の1日も早いご快復を、衷心よりお祈り申し上げます。

市民の皆様に、あらためてお願いいたします。
都市部を中心に新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっており、一向に収まる気配が見られない状況です。
市民の皆様におかれましても、「いつ・誰が感染してもおかしくない」という危機感を共有しながら、ウイルスからご自身や大事な人たちを守るためにできることを、冷静に実践しましょう。

具体的には、マスクの着用、手指の消毒、三つの密を避けるなどの基本的な対策を、引き続き徹底してください。
お出かけや会食にあたっては、「ウイルス感染のリスクをおかしてまで、今やらなければいけないことなのか」「これが原因でウイルスに感染したら、誰かがつらい思いをするのではないか」と冷静に考えていただき、可能な限り見送ってくださるようお願いいたします。

そして、患者の個人情報を詮索・吹聴したり、インターネットやSNSなどの不確かな情報を拡散することは、絶対にやめてください。
市内においても、患者の個人情報を話題にして、誤った情報やデマなどを拡散する動きが見られます。
これは、原発事故による風評被害でつらい思いを経験した福島県民として恥ずべき行動であり、きわめて残念でなりません。
感染拡大が続いている状況下では、患者個人を特定しても、ご自身の感染予防には何の役にも立たないことを改めてご理解いただきたいと思います。
そのうえで、もしご自身やご家族などが感染された場合に、周りの方々からどのように接してほしいのか、豊かな想像力をもってお考えいただき、温かい行動に移してくださるよう切にお願いいたします。

令和3年1月15日  田村市長 本田 仁一

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)