ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 産業振興 > 工業 > 田村市産業団地のご案内

田村市産業団地のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月13日更新

現在、田村市では産業団地を整備しています。
福島第一原子力発電所の事故を受け、雇用の場が失われた田村市ですが、新たな産業団地を整備し、企業を誘致することで田村市から福島県の復興を推し進めます。

産業団地の概要

 所在地

genkyou180724     zumen

◎産業団地整備を進めている現地
 (福島県田村市大越町上大越字後原地内)
 撮影日:平成30年7月24日

福島県の地理的優位性

●福島県は、東北地方の最南端に位置し、首都圏からのアクセスがスムーズです。
●陸・海・空のいずれの交通基盤も充実しています。
●近年、産業集積が進んでいる東北の各地に近接していることも魅力です。

詳細情報

所在地福島県田村市大越町上大越字後原10ほか
特色本地域は、福島県の中核的都市である郡山市まで約30kmの位置にあり、福島県の中通りにあって浜通りとの結節点となる地域です。
用地面積約 12 ha
造成時期平成31年度完成予定(一部先行供用あり)
用水上水道供給
汚水排水公共下水道
高圧線6,600 V  変電所までの直線距離 2.7 km
高速通信網光ファイバー整備予定
用途地域非線引都市計画区域(建ぺい率60%、容積率200%)
用途制限市との賃貸借契約による制限
主要地目宅地
地質地盤N値50(GL-11m~-5.8m)

田村市産業団地のオススメポイント

1.初期投資金額が安価

事業用地は、低廉な価格で賃貸いたします。(平成30~32年度賃貸料:年額84円/平方メートル)
賃貸なので土地取得費用や土地保有にかかる税負担などのコストを抑えることが可能です。

2.充実した交通インフラ

縦横に張り巡らされた高速道路網(磐越道・東北道・常磐道・あぶくま高原道路)が行き先に応じた効率的な陸送を可能にします。
平成31年3月には産業団地から約6分の場所にスマートICが供用開始予定です。

3.強力な支援体制と優遇制度

輸送用機械・半導体・医療福祉機器・再生可能エネルギーの各関連産業の集積と振興に積極的に取り組んでいます。
また、初期投資額の一部を復興特区による多彩な優遇税制制度、立地奨励金(固定資産税のキャッシュバック)などで、全国でも上位水準の優遇制度で立地をサポートします。
※復興特区及び立地奨励金には、業種等の条件があります。

4.地震に強い強固な地盤

先の震災でも「阿武隈山系が、花崗岩を中心とした非常に強固な地盤」であることが幸いし、外見上明らかに倒壊した住宅・工場は皆無でした。

 

アクセス

東京からの所要時間

電 車東北新幹線:東京から郡山まで 1 時間 20分
JR磐越東線:郡山から大越まで 38 分
お 車高速道路: 3 時間 30 分
バ ス高速バス:東京から郡山まで 4 時間
飛行機福島空港から田村市まで 40 分

仙台からの所要時間

電 車東北新幹線:仙台から郡山まで 45 分
JR磐越東線:郡山から大越まで 38 分
お 車高速道路:仙台宮城ICから船引・三春ICまで 1 時間 20 分
バ ス高速バス:仙台から郡山まで 2 時間

 

企業に対する支援策

福島県では企業に対する支援策として、様々なメニューを準備しています。
立地に対しての支援だけでなく、立地後のフォローアップも誘致と同様に力を入れています。
詳しい内容についてはこちらから 田村市HP 「企業に対する支援制度」 または 福島県企業立地ガイドHP

 


Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)