ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 高齢福祉課 > 防ごう!オーラルフレイル

防ごう!オーラルフレイル

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月15日更新

ほんとは怖い『お口のトラブル』

口の健康は全身の健康と、とても強く関係しています。口の中が不衛生になり細菌が増えると、むし歯や歯周病になるだけでなく、細菌が血管を通り全身に運ばれ、重篤な病気を引き起こすと言われています。

お口のトラブルが『フレイル』のきっかけに?!

入れ歯が合わない
  ↓
硬いものが食べにくい
  ↓
ご飯や麺類、柔らかいものばかり食べる
  ↓
筋肉の材料になるたんぱく質が足りなくなる
  ↓
足の筋肉が細くなり、歩くのが不安定に…

ちょっとしたお口のトラブルが、実は足腰が弱くなるきっかけになることも少なくありません。

まずは確認!こんなことありませんか?

  • むし歯や歯周病を治療せずにそのままにしている。
  • 入れ歯が合わないまま、そのままにしている。
  • 入れ歯が汚れている。
  • たくわんや唐揚げなど、硬いものが食べにくい
  • 口の渇きが気になる。
  • 口臭が気になる。
  • 食べるのが遅くなった
  • 食べこぼしが気になる
  • 滑舌が悪くなった。
  • ムセやすくなった  など

お口の健康を保つために

お口の中を清潔に

毎食後の歯磨き・入れ歯の手入れが基本です。
睡眠中に口の中の細菌は増えるので、寝る前の歯磨き・入れ歯の手入れは念入りに。

よく噛んで食べる

「よく噛む」ことでたくさんのよい効果が得られます。

  • 肥満予防
  • 発音がはっきり
  • 脳の発達・脳の活性化
  • むし歯予防
  • がん予防
  • 消化の促進
  • 転倒予防 など

早期受診と定期健診

むし歯や歯周病は自然には治りません。入れ歯の調整も歯科医院の受診が欠かせません。
身体の健診と同じで、痛いところがなくても半年に1回は定期健診を受けましょう。

お家でできるお口の体操パンフレット

「食べる」「食べ物を咀嚼する」「飲み込む」「しゃべる」といったお口の筋肉は、身体の筋肉と同じで、使わないでいると少しずつ衰えてしまいます。
いつまでも『楽しく・おいしく・健康的に』食事ができるように、お口の体操を毎日の習慣にしましょう。

【お家でできるお口の体操パンフレット】福島県歯科衛生士会のホームページが開きます。

ご意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?


※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。